もしかしてこんな歯並びでは?

あなたの、そしてお子様、こんな歯並びではありませんか?

あなたはご自分とお子様の歯並びを確かめてみたことがありますか? 不正な噛み合わせは、体全体の健康にも影響します。一度、歯科医院で歯並びをチェックしてみましょう! なお、お子様にとって歯並びはとても大事。お子様の歯並びに乱れを感じたら、できるだけ早めに治療を受けさせてあげてください。

こんな歯並びではありませんか?

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突

俗に言う出っ歯を指し、上の前歯が前方に飛び出している状態です。逆のパターンが「受け口」です。

反対咬合

反対咬合

「受け口」とも言い、出っ歯の逆の状態です。下の歯が上の歯より前に出ている症状を指します。 うまく噛めないのはもちろん、発音にも影響が出てきてしまいます。

叢生(そうせい)

叢生

乱ぐい歯・八重歯のことで、歯が凸凹にずれたりしている状態です。顎が小さかったり、 顎に対して歯の幅が大きかったりする場合に起こります。上下の歯が上手く噛み合っていません。

開咬(かいこう)

開咬

前歯が下の歯にくっ付かなく、お口を閉じても前歯が開いてしまう状態です。 上下の歯が上手く噛み合っていません。前歯で食べ物が噛み切れない場合が多いです。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列

すきっ歯のことで、歯と歯の間が極端に空いている状態です。歯に対して、顎が大きいことなどが原因です。